自動車保険
自動車保険おすすめ一括見積サイト! > 自動車保険の等級とは?

自動車保険の等級とは?

自動車保険に加入したときに、等級というのがあることは
知っていますか。

自動車保険の説明を聞くときや保険のパンフレットなどにも
必ずでてくる言葉です。

通常、自動車保険で使う等級とは、ノンフリート等級別料金制度
の等級のことです。

文字だけ見ても分からないと思うので簡単に説明すると、
ノンフリート等級別料金制度とは、保険の契約者が
保有している自動車が、9台以下の場合ノンフリート契約
といいます。

自動車

 個人で加入する場合のほとんどがこのノンフリート契約ということ

になり、このノンフリート等級別によって保険料が変わってきます。

ちなみに法人で10台以上保有している場合フリート契約
といいます。

そんな保険料に関わってくる大事な等級のことなら、
保険の契約や更新するときに、自分が一体何等級なのかを
知っておきたいですよね。

まず等級は1から20等級まであり、基本的に1等級の保険料が
1番高いということになっています。

そして20等級が1番保険料が安くなっています。

新規で契約する場合6等級からスタートしますが、
2台目以降新しく契約する場合7等級からスタート
となります。

また7等級以上になると、無事故か事故ありかで割引率が変わり、
無事故の方が割引率が高くなっています

そして前年に無事故であれば等級が1等級上がりますが、
前年に事故を起こして保険を使えば事故1件につき等級が
3等級下がってしまい、さらに、3年間は割引率も低くなって
しまいます。

ですがこのとき、単独事故をおこして車両保険や搭乗者傷害保険
のみ
補償したときや、無保険者傷害保険の事故の場合は、事故1件
につき
1等級下がり1年間は割引率も低くなってしまいます。

さらに、再度事故を起こすとそのたびに低い割引率が延長される
ことになってしまうので、事故を起こすことがもっと怖くなりますね。

無事故をこころがけることにより等級もどんどん上がり、
保険料も毎年どんどん安くなっていくので、絶対安全運転で
20等級を目指しましょう。

 

当サイトおすすめ!
保険スクエアbang!自動車保険詳細へ
自動車保険比較

 

トップページへ