自動車保険

無保険傷害保険

無保険車傷害保険とは、対人賠償保険などに
入っていない無保険の自動車との事故によって、

自分の自動車に乗っていた人が死亡、あるいは
後遺障害を被った場合に、加害者側からの十分な
補償を受けることができない時に、支払われる保険です。

十分な補償内容の任意保険に入っているドライバーが
100%であれば、このような保険は必要がありません。

しかし現実には、任意保険に加入しているドライバーは
7割前後と言われています。

自動車

つまりもし事故が起こっても、実に30%近くは任意保険
には未加入なのです。

任意保険に加入していないドライバーが運転している車が
加害者となる事故の被害者になってしまったら、そしてもし
死亡、あるいは重度の後遺障害が残ってしまうことになっても、
自賠責保険での補償の範囲内の補償しか受けることが
できなくなってしまいます


一定の規模以上の事故にあってしまった場合に、
自賠責保険の補償内容だけでは充分でないことは、

常識と言っても良いでしょう。

無保険車傷害保険というのは、その様な事態に備える
ための保険です。

保険を契約している車に乗っていて、その車が無保険の車
と事故を起こして損害を被った場合に、その相手が無保険
によって十分な補償ができない時に、この自動車保険から
保険金が支払われます。

支払いの上限額は、自分が契約している対人保険と同じとなり、
無制限で加入している場合には、上限が2億円となります。

任意保険に入っていない車とは具体的には、そもそも任意保険
に入っていない車任意保険に入ってはいるが、家族限定や
年齢条件などで、運転者が条件を満たしていない場合、
任意保険の補償金額が被害額を下回る場合ひき逃げや
当て逃げなどで、加害者がわからない場合などが考えられます。

また保険契約者とその配偶者、同居の親族と別居の未婚の
子供については、他人の自動車に搭乗中の場合、あるいは
歩行中に無保険の自動車が加害者となる事故にあっても、
補償されます。

 

利用者310万人突破!
保険スクエアbang!
おすすめ自動車保険詳細ページへ

自動車保険比較



トップページへ