自動車保険

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険とは、契約している自動車に搭乗中に
事故にあった人に対して、その人のケガの治療費や
後遺障害時や死亡時の補償に対して保険金が
支払われるものです。

搭乗者傷害保険では、事故の過失が自分にある、
あるいは相手にあるというのは関係なく支払われます。

また搭乗者傷害保険は、対人賠償保険自損事故保険
保険金と重複して受け取ることができます。

また支払われる保険金は、ケガをした部位や症状などの
状態、そして入院や通院にかかった日数に応じて
予め決められている一定額となります。

ケガ

 

例えば頚椎捻挫(むちうち)で治療日数が4日以内なら
1万円で5日以上なら50,000円、頭部骨折なら4日以内で
10,000円、5日以上なら300,000円といった具合です。

この日数やケガの内容による金額の設定は、
保険会社によって異なります。

また一部の自動車保険会社では、入院や通院の場合に、
その入院日数や通院日数によって1日あたりいくら
といった形で支払う場合もあります。

この自動車保険は、人身傷害補償保険の搭乗者傷害特約
として付けられます。

つまり人身傷害補償保険の内容を、より充実させる
ためにつけられるものです。

補償の対象は、運転手や同乗者に限らず、車に
登場しているすべての人に適用され、またケガの
部位や症状が確定した段階であれば、事故が
解決していなくても支払いがされるので、保険金を
治療代に充てることも可能です。

人身傷害保証保険と搭乗者障害特約の違いは、
人身傷害補償保険は保険に入っている人が自分の
車に搭乗しているときの事故だけでなく、他の車に
搭乗中の事故や、歩行中の自動車事故などの
幅広い範囲で、自分の過失に関係なく保険金の
支払いの対象になります。

その場合にはケガの治療費以外にも、働くことが
できない期間の
収入や精神的な損害に対しても、
保険金が支払われます。

一方で搭乗者特約は、契約している自動車に搭乗中の
が、自動車事故で被ったケガや障害、そして死亡
のみ
を対象に保険金が支払われます。

 

利用者310万人突破!
保険スクエアbang!
おすすめ自動車保険詳細ページへ

自動車保険比較



トップページへ