自動車保険

対物賠償保険

任意保険対物損害賠償保険は、運転中の交通事故
などで、他人の自動車などの財物に損害を与えて
しまった時に、法律上のその損害を賠償するための
支払いに適用される保険です。

対物損害賠償保険は、自動車保険の保険会社によって
異なりますが、多くの場合には1事故あたりの保険金額は、
自動車にかけられる保険の場合1,000万円、2000万円、
無制限などから選ぶようになっています。

ある自動車保険会社では、契約者の93.6%無制限の
保険
に入っています。

自動車事故などで、他人の自動車やものなどに
損害を与えてしまった時には、法律上その損害を
賠償責任を負担しなければならないことになっています。

そして倍賞をしなくてはならない損害は、「直接損害
と「間接損害」の二種類が存在します。

直接損害とは、事故によって破損した自動車、
あるいは店舗やものなどの修理にかかる費用など
の損害のことを言います。

事故を起こした相手の自動車の修理費を始め、
店舗の修理費、駐車場の壁などの修理費、電柱や
ガードレールの修理費などが、これにあたります。

間接損害とは、事故で自動車や店舗、あるいは
ものが壊れたことで被った間接的な損害のことを

言います。

タクシーにぶつけてしまった時に、修理期間中に
そのタクシーが営業できない分の損害、店舗を
壊してしまった時に、その店舗の休業による損害、
代車を借りるのにかかった費用などが、これに
あたります。

物損事故に対する補償にかかる金額の例を
具体的にあげてみると、例えば信号機にぶつけて

壊してしまった場合には、信号機の修理に400万円、
同様にガードレールの場合には20万円ほどが
かかります。

信号機

 

これらの金額を高いと見るかやすいと見るかは、
人それぞれですが、物損事故の補償でもっとも
お金がかかるのは、事故で電車を止めてしまった
です。

ある裁判では、鉄道会社の損害を合計で1億1千万円
を認定した例や、2億円を超える賠償損害の認定例も
あります。

これらのことを考えると、無制限の対物損害保険に
加入しておいたほうが良いと言えるでしょう。

 

利用者310万人突破!
保険スクエアbang!
おすすめ自動車保険詳細ページへ

自動車保険比較




トップページへ