自動車保険

対人賠償保険

自動車を運転していて起こした事故の相手の車
の運転手や搭乗者、あるいは歩行者などの被害者
に対して、その治療費や働くことができない間の
収入などの損害を賠償するための保険です。

対人賠償は自賠責保険でも補償されますが、
任意保険の補償は、自賠責保険での補償額が
超えた場合に保険金が支払われます。


事故に対する手術などの治療費を始め、
ケガなどによって後遺障害が残ってしまった場合

あるいは死亡してしまった場合の賠償額は、
莫大な金額になることがあり、それは多くの場合、
事故の加害者の想像を超えるものです。

ケガ

相手に後遺障害が残ってしまった場合には、
これから先の生涯にわたって介護費用が発生
します。

また死亡してしまった場合の慰謝料や逸失利益も、
とても高額なものになります。

そしてそのような場合でも、自賠責保険では
常時介護が必要な時の最高額の補償でも

4,000万円までしか支払われません。

その金額の足りない分を補償するのが
任意保険の対人賠償保険になります。

そしてもし任意保険に加入していなければ
足りない部分は、自分の財産を処分して
支払ったり、それでも足りない場合には、
生涯にわたって分割で賠償金を支払うことに
なります。

対人賠償事故における損害は、数億円
なることも珍しいことではありません。

そして任意保険に入っている人の99%以上は、
対人賠償責任保険の保険額を無制限に設定して

契約しています。

保険額を無制限にすることで、もし万が一
人身事故を起こしてしまって、相手が死亡、

あるいは大きな障害が残ってしまった場合でも、
自らの財産からの賠償金の支払いはしなくても

大丈夫になことになります。

日本人社会人の生涯賃金は、約3億円前後
と言われています。

しかし人身傷害事故における補償金額は、
3億円を上回ることも珍しくありません。

このことを考えれば、補償額が無制限の任意
の対人賠償保険に加入しておくのは、ドライバー
にとって必須のことであると言えるでしょう。

 

利用者310万人突破!
保険スクエアbang!
おすすめ自動車保険詳細ページへ

自動車保険比較




トップページへ