自動車保険

基礎知識

もし自動車事故を起こした時、全く保険に加入していないと
全てが自己負担になってしまい大変な思いをしますよね。

そうならない為にも自賠責保険という国が法律で義務づけた保険と、
自賠責保険だけでは補えない場合の為に、任意保険という任意で
加入する保険の2種類があります。

自動車

自賠責保険は、事故を起こしたときに
被害者(人間)に対しての
補償のみで、
被害者の車など物に対しての補償は
されません。

もちろん自分自身に体するの補償も
何もないです。

これでは、もし高級車にぶつけたときや
店舗などに突っ込んだときなど、多額の
金額が発生してしまいとても大変な思いを
しますよね。

なので皆さん任意保険に加入して、自賠責保険では補えない物に
対する補償や自分自身に対する補償なんかをまかなうんです。

任意保険では、自分自身が事故で怪我をしたときの補償は
もちろんのこと、最悪死亡してしまったときの補償金の額
選ぶことができます。

また、同乗者への補償も可能ですし、相手の車だけでなく自分自身の
車の補償も可能です。

もちろん自賠責保険での補償額だけでは心配な場合の補償の上乗せ
なんかも可能です。

その他にも対物事故だけではなく自損事故の場合や盗難の場合など、
保険会社によって実に様々な補償内容が用意されています。

あれもこれもとなると当然保険料も高くなってきてしまうので、
自分に必要な補償内容のものだけをしっかりと選んでいくことが

大事になってきます。

次に契約する場合、新規で保険に加入するときは、車検証、
免許証が必要になってきます。

すでに他社の自動車保険を契約中の場合は、車検証、免許証の他に
自動車保険の証券が必要となってきます。


これらを元に、契約する車の車種や走行距離、過去に事故を
起こしたことがないかなどを調べて保険料を決定していきます。

また、ゴールド免許だと保険料が少し安くなったり、年齢が若かったり
高齢者だと保険料が少し高くなることがあったりもしますし、

普通車よりも軽自動車のほうが保険料が少し安いなどもあるので、
すでに契約してから数年たって、加入時と状況や環境が変わっている
場合は保険を選び直すいい機会だと思います。

 

当サイトおすすめ!
保険スクエアbang!自動車保険詳細へ
自動車保険比較


トップページへ