自動車保険
自動車保険おすすめ一括見積サイト! > 保険金などの被保険者と被害者請求

保険金などの被保険者と被害者請求

自動車事故を起こしてしまった時には、まずけが人の救護
路上の危険防止警察への通報を先にしなければ
なりません。

そして契約している自動車保険会社なるべく早く連絡を
入れる
ことになります。

ほとんどすべての自動車保険会社では、事故受付用の24時間
365日対応の専用の事故サポートダイヤルが設けられて
います。

また外出先でサポートダイヤルがわからない場合は、
契約した保険代理店に連絡すれば、自動車保険会社に取り次いで
もらえるでしょう。

サポートセンター

 

またいかに小さな事故であっても、その場での示談は、
後々トラブルを引き起こす原因となるので禁物です。

任意保険が適用されるのは、基本的に自賠責保険
カバーされない部分となりますが、保険会社に連絡をする時に、
その事故が任意保険の適用範囲になるのかなどを心配をする
必要はありません。

保険会社の担当者が、自賠責保険に関する手続きを含めて、
すべてアドバイスしてくれます。

また事故の加害者となってしまった場合の、被害者へのお見舞い
や謝罪は、自分自身で行う必要がありますが、保険金の支払い
関することは、すべて保険会社の担当者が行ないます。

契約者自身は、自動車保険の保険会社の担当者の指示に
したがって、手続きなどを行う必要があります。

また自分の損害に対する保険金の請求は、自分自身で
行う必要があります。

また車同士の交通事故などは、多くの場合、被害者と
加害者の両方に過失があると考えられます。

そしてその過失の割合を、決定した後に、その割合に
応じて保険金が支払われることになります。

そしてその過失割合の認定も、双方が任意保険に加入して
いれば、保険会社同士が、事故の状況などから決定します。

また事故の解決は多くの場合、双方の話し合いで決める
示談によって行われますが、示談交渉の際にも、自動車保険の
保険会社の担当者が立ち会うか、あるいはアドバイスのもと
に示談交渉をすることになります。

しかし調停や民事訴訟になってしまった場合には、
保険会社はアドバイスはしてくれますが、弁護士の役目は
してくれません。

その点が心配な人は、弁護士費用特約をつけることで、
弁護士にかかる費用も保険から支払われるようになります。

 

利用者310万人突破!
保険スクエアbang!
おすすめ自動車保険詳細ページへ

自動車保険比較



トップページへ